タヌキれぽーと✍️

投資家タヌキによる資産運用に関するブログです。株式投資、キャリア、REIT、不動産。

2021年下半期ターゲティング銘柄①(トレード日誌)

f:id:investor_tanuki:20210704005906j:image

※本記事は情報提供を主たる目的としたものであり、投資手法を紹介したり特定の銘柄を推奨するものではありません。個々人の投資に関しての責任は一切取りかねますのでご留意ください。

 

早いもので2021年も半分が過ぎ、下半期に突入した。

 

今週のトレード日誌から数週間にわたって、私がマークしていきたい下半期注目の銘柄について紹介する。

 

 

 

2021年下半期ターゲティング銘柄

まず、今週紹介するのは以下の2銘柄である。

 

日本郵政(6178)

株価:924.6円

配当利回り:5.41%

PER:11.00

PBR:0.27

※7月2日時点

 

着服、不正販売で不祥事が相次ぎ、オーストラリアで取得した物流施設を4,000億円の損失を出すなどやらかしまくりで株価が低迷中の日本郵政

 

しかし、現在は楽天と業務提携をするなど良いニュースも出てきて、膿は出し切ったとの印象も受ける。

 

配当利回りも5.5%近くと、これから高配当ポートフォリオを強化していきたい私にとって魅力的であり、下半期に追加を検討している銘柄である。

 

傘下の「ゆうちょ銀行」(7182)についても狙い目であると考えている。

 

 

 

 

Casa(7196)

株価:1,007円

配当利回り:2.98%

PER:20.75

PBR:1.58

※7月2日時点

 

Casaについては第1四半期の決算内容が良かったため、下半期で狙っていきたいと考えた。

 

Casaについては下記の記事で直近決算を分析している。

 

investortanuki.com

 

みなさまご存知の通り、社長の不祥事があり、反社との関わりが疑われた。

 

しかし、その疑義は解消(?)され、決算では業績自体に影響がないと確認された

 

家賃保証事業には今後伸びる可能性が高く、業界のトップランナーである同社を下半期に狙っていきたい。

 

 

 

トレード日誌

 

今週の私の資産総額とトレード記録は以下の通りである。

 

資産総額 59,555,482円 (+163,697円)

 

(参考)タヌキ資産総額

 

f:id:investor_tanuki:20210703144542p:plain

※筆者作成

 

 

 

 〈今週のトレード内容〉

(in)ベルトラ(100株)購入時株価728円  

 

〈トレード根拠〉

オリンピック後からアフターコロナ銘柄は着火すると考えているため今は仕込みの段階。

チャート的にも反転をしそうな形になったベルトラに再in。

 

〈タヌキ所感〉

 

アフターコロナ銘柄の軟調さは継続しており、資産自体は微増。足踏み状態が続いている。

 

ワクチン接種は進んでいるが、オリンピックまでは政府の規制が続く関係で、そこからのアフターコロナ銘柄の第3ターンがくると思っている。

 

そのため、キャッシュポジションが高いためアフターコロナ銘柄と上記でも挙げたバリュー株を仕込んでいきたいと思っている。

 

特に7/7~7/9はETFの配当分の売りやアノマリー的にも売られやすい週であるため、そこが仕込みの1つのポイントかと思っている。

 

 

 

※本記事は情報提供を主たる目的としたものであり、投資手法を紹介したり特定の銘柄を推奨するものではありません。個々人の投資に関しての責任は一切取りかねますのでご留意ください。