タヌキれぽーと✍️

投資家タヌキによる資産運用に関するブログです。株式投資、キャリア、REIT、不動産。

宅建本番直前!!権利関係チェックポイント

宅建まで残り2週間を切りラストスパートに入ってきた。

本記事では、最後の確認として間違いやすいポイントをまとめたので活用して欲しい。

 

 

(意思能力)

・意思能力のない者の法律行為は(①)。

・(②)取り消しは善意でかつ過失がない第三者に対抗できない。一方で、(③)の場合は第三者が善意であっても対抗することができる。

 

①無効 ②詐欺  ③脅迫  

 

 

(代理)

・(①)が代理人としてした行為は行為能力の制限によって取り消すことはできない。

・代理権は、代理人が(②)の審判を受けた時消滅する。

無権代理人が本人を(③)した場合、無権代理行為は有効になる。

・(④)とは、代理権を持たないものが、代理人と称して法律行為を行うことである。

 

制限行為能力者※補助開始審判でも同様。 ②後見開始 ③単独相続 ④無権代理

 

(条件・期間・時効)

停止条件付法律行為は、停止条件が(①)した時から、その効力を生じる。

・確定判決によって権利が確定した場合と同様、(②)が成立した場合にも時効更新の効力が生じる。

消滅時効を援用できるのは、(③)。

・賃借権を相続した者も、(④)の意思が認められなければ時効による取得は認められない。

・不動産を第三者が取得し登記を備えたに、不動産につき取得時効が完成した場合、時効取得者は(⑤)を備えていなくても、甲土地の所有権を主張できる。

・取得時効のための占有期間の長さは、占有者の(⑥)の主観で判断される。

 

①成就 ②裁判上の和解 ③保証人、物上保証人、第3者取得者その他の権利の消滅について正当な利益を有する者 ④所有 ⑤登記 ⑥占有開始時

 

(抵当権)

・抵当権の順位を譲渡することは可能だが、(①)は元本の確定前においては順位を譲渡することができない。

・物上代位をしようとする場合、被担保債権の(②)が到来している必要がある。

 

根抵当権 ②弁済期

 

(賃貸借契約)

・賃借人が期間の満了1年前から6ヶ月前までの間に相手方に更新をしない旨の通知をしなかった時には、契約が更新されたものとみなされ、期間は(①)とされる。

・使用貸借契約において、契約不適合の場合、担保責任は(②)。

・借家契約においては、(③)ができないのが原則である。

・普通賃貸借契約では賃料を(④)しない旨の特約は認められない。

・定期建物賃貸借契約において、賃料増減請求権の規定は特約がある場合、(⑤)

・賃貸人は、賃借人の債務不履行を理由に、賃貸借契約を解除するときには、事前に転借人に対して事前に通知等をして賃料を代払いする機会を与える必要は(⑥)

 

①定めのないもの ②負う ③中途解約 ④減額(増額できない規定はできる。)

⑤適用されない。 ⑥ない

 

 

(借地借家法)

・借地権の存続期間は最低(①)年であり、民法が適用された場合には(②)年より短い期間を定めた場合にはその期間となる。

・借地権者が賃借権の目的である土地の建物を第3者に譲渡しようとするとき、その第三者が賃借権を取得しても借地権設定者に不利にならないにも関わらず、借地権設定者がその賃借権の譲渡をしないときには、裁判所は(③)の申し立てにより、借地権設定者の承諾に代わる許可を与えることができる。

・当事者が期間満了の1年前から6ヶ月前までの間いに相手方に対して更新しない旨の通知をしなかったときは、契約が更新しないものと見なされ、その期間は(④)ものとされる。

・借主が(⑤)をあらかじめ放棄する旨の特約を無効をする規定は存在しない。

 

①30 ②50③借地権者④定めがない⑤造作買取請求権

 

(区分所有法)

・管理者は毎年(①)回集会を招集しなければならない。

・管理者は(②)を所有することができる。

・集会の議事録が作成された時は、区分所有者の(③)人が署名し押印しなければならない。

・区分賞勇者の5分の1以上で議決権の5分の1以上を有する者は、管理者に対し、会議の目的たる時効を示して、集会の招集を請求することができる。この定数は規約で(④)ができる。

 

 

①1 ②共有部分 ③2 ④減ずること