タヌキれぽーと✍️

投資家タヌキによる資産運用に関するブログです。株式投資、キャリア、REIT、不動産。

宅建本番直前!法令上の制限チェックポイント

宅建試験本番まで1週間を切った。諸君は火事場の馬鹿力を侮ってはいけず、試験前の追い込まれた時の集中力は本人が思っている以上である。最後まで合格を信じ、足掻いて欲しい。

今回は最終チェックの「法令上の制限」である!ぜひ活用いただきたい。

 

 

 

 

(都市計画法)

・地区整備計画が定められている地区計画の区域内において、建築物の建築を行おうとする者は、(①)の許可を得なければならない。

・都市計画事業の区域内または市街地開発事業の施工区域内において建築物の建築をしようとする者は、(②)の許可を受けなければならない。

・市街地開発事業等予定区域に係る市街地開発事業または都市施設に関する都市計画には、(③)をも定めなければならない。

・準都市計画については、(④)を設けることができない。

・(⑤)とは、用途地域の市街地における土地の合理的かつ健全な高度利用と都市機能の更新を図るために定められる地区である。

都市計画法において開発行為が不要とされる開発行為は(⑥)。

 

①市町村長 ②都道府県知事 ③施工予定者 ④区域区分 ⑤高度利用地区 

⑥駅舎その他鉄道施設、図書館、公民館、変電所

 

(建築基準法)

・店舗の用途に供する建築物で当該用途に供する部分の床面積の合計が10,000平米を超える者は、原則として(①)内では建築することができない。

・特定行政庁が許可した場合、第一種住居専用地域内においても(②)を建築することができる。

用途地域に関する都市計画において建築物の敷地面積の最低限度を定める場合には、その最低限度は(③)平米を超えてはならない。

・防火地域、準防火地域内にある建物で外壁が耐火構造のものは、外壁を(④)に接して設けることができる。

・準防火地域においては、(⑤)の建築物は耐火建築物にしなければならない。

・防火地域においては、(⑥)の建築物は耐火建築物にしなければならない。

・市街化区域内の(⑦)平米以上の土地の権利を取得した者は、2週間以内に事後届出を行わなければならない。

 

①工業地域 ②飲食店 ③200 ④隣地境界線 ⑤4階以上又は延べ面積1,500平米超の建築物 ⑥3階以上又は延べ面積100平米超の建築物 ⑦2,000

 

 

(土地区画整理法)

・土地区画整理組合が解散する場合には(①)の認可を得なければならない。

・施行地区内において、土地区画整理事業の施工の障害となるおそれがある土地の形質変更を行おうとする者は、(②)の許可を得なければならない。

 

都道府県県知事 ②都道府県知事

 

(宅地造成等規制法)

・(①)とは、宅地以外の土地を宅地にするため又は宅地において行う一定の土地の形質変更を言う。

・宅地造成工事における高さ(②)mを超える擁壁の設置は一定の資格を有する者の設計によらなければならない。

・切土又は盛度をする土地の面積が(③)平米を超えるものは都道府県知事の許可が必要である。

・盛土であって盛土部分の高さが(④)mを超す崖を生じるものは都道府県知事の許可が必要である。

・造成宅地防災区域は、(⑤)以外の区域に指定される。

 

①宅地造成 ②5 ③500 ④1 ⑤宅地造成工事規制区域

 

(国土利用計画法)

・事後届出を行うにあたって、権利取得者は(①)を経由して都道府県知事に届出なければならない。

・市街化区域内において、(②)平米以上の土地売買等の契約を締結した場合には事後届出が必須となる。

 

①市町村長 ②2,000