タヌキれぽーと✍️

投資家タヌキによる資産運用に関するブログです。株式投資、キャリア、REIT、不動産。

今週のトレード日誌(10/18〜22)

f:id:investor_tanuki:20211024155541j:image

 

 

※本記事は情報提供を主たる目的としたものであり、投資手法を紹介したり特定の銘柄を推奨するものではありません。個々人の投資に関しての責任は一切取りかねますのでご留意ください。

 

先週の1週間(10/18〜22)のトレードを振り返って行きたい。

 

 

先週のトレード

先週の資産推移とトレード記録は以下の通りである。

 

資産総額

58,866,565円 (-611,135) 

 

 

 

※tanuki資産総額

f:id:investor_tanuki:20211024155848p:plain

※筆者作成

 

 

 

 

 

〈トレード銘柄〉

(in)  JR九州 200株 2,589円、北の達人 2,000株 449円、ヤマダ電機 1,000株 459円

(out) LIFUL 1,000株 -62,000円 ロードスター 500株  -15,000円

SFP 1000株 1,532円 +102,000円三越伊勢丹 500株 +32,800円

 

〈トレード根拠〉

・アフターコロナ銘柄が軟調な中で、需給の悪さから下げていると判断したJR九州に追加in。

今週から年末に向けての税金対策のため、塩漬け株売却活動を始めた。まずは

LIFULLとロードスターから売却した。

・割安だと目をつけていたヤマダ電機北の達人にも追加買いを入れた。

 

(監視継続銘柄)

ドトール、TOW、Alibaba、丸井HD、4°C、ラオックス、イオン、H2O、北の達人、駅探

 

(売却検討銘柄)

双日 〈目標株価1,900円〉

・JIA     〈目標株価1,400円〉

ロードスターキャピタル 〈目標株価1,050円〉

・SFPホールディングス〈目標株価1,500円〉

 

損切り候補)総医研

 

タヌキ所感

相変わらずの低調な日々が続いている。原因としては、主力のアフターコロナ銘柄が日本の感染者数減少のトレンドに逆らって続落しているからである。

 

単に需給の関係で下がっていると思われるが、感染者数減少のニュースで反応しなくなったとなると、あとは「Go To」などの政府の政策、経済活動再開にあたって良好な決算を取り戻してくしか良材料が無くつらいところである。

 

しかし、感染者数が減少しており、緩やかに経済活動を再開して行っている日本の今の状況に悪いとは思っておらず、気づけば緊急事態宣言解除から1ヶ月が経とうとしており、来年完全にアフターコロナの世界がくれば良いと思っている。

 

さて、今週は衆院選挙であるが、岸田が総理になって変われない自民党の印象が日に日に増している気がする。。

 

国政はマーケットにとっても最重要ファクターの1つであるため、有権者の方々はその「一票の権利」の重さを認識し、各候補者吟味しながら投票に行ってほしい。

 

 

 

 

※本記事は情報提供を主たる目的としたものであり、投資手法を紹介したり特定の銘柄を推奨するものではありません。個々人の投資に関しての責任は一切取りかねますのでご留意ください。