タヌキれぽーと✍️

投資家タヌキによる資産運用に関するブログです。株式投資、キャリア、REIT、不動産。

今週のトレード日誌(10/25~10/30)〜持株決算点検①〜

f:id:investor_tanuki:20211030133412j:image

※本記事は情報提供を主たる目的としたものであり、投資手法を紹介したり特定の銘柄を推奨するものではありません。個々人の投資に関しての責任は一切取りかねますのでご留意ください。

 

 

 

 

 

先週のトレード

先週の資産推移とトレード記録は以下の通りである。

 

資産総額

58,855,535円 (-11,030円) 

 

 

※tanuki資産総額

f:id:investor_tanuki:20211030172706p:plain

※筆者作成

 

今週の資産額はヨコヨコ。もどかしい日々が続くが、選挙後の11月に期待。

 

 

〈トレード銘柄〉

(in)  北の達人 1,000株 414円、ヤマダHD 1,000株 435円

(out)カナディアンソーラーインフラ 500株(+30,800円) 

 

〈トレード根拠〉

・低位に沈んでいる北の達人とヤマトHDに追加in。その購入資金のために、長期保有予定で株価が半年以上横ばいであったカナディアンソーラーインフラを売却。

 

(監視継続銘柄)

ドトール、TOW、Alibaba、丸井HD、4°C、ラオックス、イオン、H2O、北の達人、駅探、ワイズテーブルコーポレーション、三菱HC、タスキ、フランスベッドラウンドワン

 

持株決算点検①

 

持株からピックアップして5銘柄ほど四半期決算について所感を述べる。( )内の点数は私がつけた100点満点中のものである。

 

 

•エクセディ(85点)

クラッチ最大手の同社は2Qは満点に近い決算内容であり、コロナ禍で海外部門が全く機能しなかった前年からコロナ前の収益に戻った。それに対し、株価はコロナ前の2,000円台後半に対し、現在は1,600円台と出遅れが目立つ。現在配当利回りは4.7%台と高くこれからの上昇には期待できる。

 

ロードスター(80点)

すっかりPER5倍の株価ヨコヨコ企業に定着したロードスターキャピタルは今期2Qも中々の良好決算。これからの海外事業やAM事業の発展で投資家を惹きつけ、そろそろ株価上昇させていきたい。

 

 

ヤマダ電機(70点)

決算発表前に上方修正のIR。家電はコロナで追い風受けるセクターであるはずが、逆にヤマダ電機は半年感下げ続けコロナショック後最安値付近。背景に大塚とのいざこざや店舗縮小などなあるか。業績は良いだけに最近買い増している。

 

 

 

•JIA(45点)

大方予想されていた通りであるが、優待のQUOカードの廃止があった。しかし、業績については期初予想を上回っており、アフターコロナ銘柄でこれから業績回復期に突入するため保有継続予定。

 

タカラレーベン (20点)

1Qの株主優待廃止IRに加え、2Qではさらに決算数字が悪化。当期純利益も悪化になり完全に勢いを失った。

地方の高級分譲マンション開発が中心事業で、コロナ禍で追い風を受けるはずの業種だったがにも関わらず1Qの決算で数字が芳しくなかったことに不信感を抱いたが、2Qの決算で完全に失望した。

1Q時点でだいぶ売却し今はNISA分の300株だけであるが、利回りも4.5%も高いためとりあえず保有継続方針。

 

↓半年前のタカラレーベン分析記事

 

investortanuki.com

 

 

タヌキ所感

衆院選を前に日経平均もMy portfolio も足踏み状態が続く。

 

2Qの決算発表であるが、7〜9月の緊急事態宣言最中の時期であり、どこも力強さにかけ前回4Q•1Q時とは異なり相場を上げる要因には考えにくい。だが、下げ続けてる銘柄は2Qの悪い内容でアク抜けとなり上昇な転じることもあるだろう。

 

いずれにせよ、今週日曜の選挙結果、そして11月の自民党の10兆円の経済対策がどんなものかマーケットの焦点が当たる。

 

 

 

 

※本記事は情報提供を主たる目的としたものであり、投資手法を紹介したり特定の銘柄を推奨するものではありません。個々人の投資に関しての責任は一切取りかねますのでご留意ください。